もはや修理もできない状態の車を「全損」

もはや修理もできない状態の車を「全損」と言いますが、この全損は、異なる二つの意味で使われています。

ひとつめは言葉のイメージ通り大破した物理的全損で、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。 (さらに…)

車の売却時に、一括査定サイトを用いる方が非常に多くなっ

車の売却時に、一括査定サイトを用いる方が非常に多くなってきています。

中古車一括査定サイトを使えば、まとめて複数の買取業者に査定依頼ができるのですごく便利です。 (さらに…)

個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり1万キロ前後と想定

ごく一般的に事故車とは、交通事故などで損傷したもの全般を言いますが、これを中古車査定で使う場合には異なります。

中古車の査定の定義の場合だと、事故が原因として車の骨格部分を交換しているか、修繕したものを事故車と言うのです。 (さらに…)

中古車買取会社から営業電話がたくさんかかっ

中古車買取会社から営業電話がたくさんかかってきてストレスがたまって仕方ないこともあるでしょうが、一度に何店舗かの業者に見積もりを出してもらうことは少しでも高く車を売るためには有効な手段です。相場を知っていないと業者との交渉もできないでしょうし、複数の買取店から同時に査定してもらえば簡単に相場を知ることができるのです。 (さらに…)

7年来の愛車だったekワゴンをついに手放す

7年来の愛車だったekワゴンをついに手放すことに決め、新たに車を買うディーラーでの下取りも考えましたが、とても納得できる金額での下取りは望めないようでした。

少しだけ手間は必要でしたが、中古車買取業者を利用する方がずっと得するのだとわかりました。 (さらに…)

父はワゴン車に14年乗っているのですがそのワゴン車を買い換

父はワゴン車に14年乗っているのですがそのワゴン車を買い換えようと考えていました。

ちょっとした知り合いの楽天車査定業者に、父の車を見てもらうと、ずいぶん年数も古いし、質も悪くなっているので、廃車にする方が良いと言われてしまい、買取りを行ってはもらえませんでした。 (さらに…)

中古車の見積金額が腑に落ちないものだった

中古車の見積金額が腑に落ちないものだった場合に、その場で売却を断っても問題にはなりません。複数の買取業者に査定をお願いして比べてできるだけ高く買い取ってくれるところで契約する方が賢い選択です。 (さらに…)

契約や消費に関する相談を受け付けている国民生活センターには、毎

契約や消費に関する相談を受け付けている国民生活センターには、毎年大量の中古車がらみの金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。特に中古車売却についての事案は右肩上がりに増えています。 (さらに…)