個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり1万キロ前後と想定

今回手放した車は車検期間もあまり残っておらず、年式も古かったので、とても売れるとは思っていませんでした。

そのため、新車を買ったときにそのままタダで引き取らせてしまいましたが、その少し後で、引き取ってもらった車両が結構な値段を付けられて店頭に並んでいるのを見ました。

どうせこうなるなら、買取の業者に依頼して正しい買取価格を調べてから決めればよかったと今は後悔するばかりです。

査定の額を高くする方法として、もっとも有名なのが洗車でしょう。

車をピカピカに洗った状態で査定をして貰うと印象が良くなり、査定額のアップが見込めます。

その時に、ワックスがけも必要です。

さらに、車内の脱臭をするのもすごく大事です。ペットやタバコの臭いによりマイナス査定となるので、脱臭は必ずしましょう。

車の査定では走った距離が少ない程に高い査定額となります。

走行した距離が多い方が車が劣化するからです。

そうではあっても、走行した距離のメーターを操作するとそれは詐欺となってしまうので、走ったものは諦めましょう。

この後からは、車を売ることを頭に入れておき無駄な距離を走らない方が良いかもしれませんね。

車を手放すにあたって気になるのは「車査定とディーラー下取りどちらがお得か」という事ですが、車種や年式、色、需要などの条件によっては買取額が高くなる可能性のある車査定がおすすめです。ディーラーの下取りは一律の標準査定価格を基にしていますから、愛車の状態や色は無関係な事も多いですし、さらに、購入する新車の値引き額を考慮した価格として伝えられることがよくありますから、下取り価格の交渉が複雑で困難ですし愛車の価値がはっきりしません。

これまで述べたように、ディーラー下取りよりも車査定を選んだ方がお得になる可能性が高いというわけです。

来てもらって査定はしなくても、専用の見積もりサイトに車の情報を好きな時に入力するだけで、複数に渡る業者から一括しておおよそですが査定金額を出してもらえます。

中古車買取業者に買い取りをしてもらう利点は、高価買取の可能性が期待できることです。

愛車の相場を事前に調査して、損の無いように売りましょう。車の買い換えをする時のことですが、私の場合は、少しでも得をしたい気持ちもあって、下取りに出さず、中古車の買い取り業者を利用することにしています。

どうやるかというとまず、ネット上の一括査定サイトをパソコンかスマホで表示し、車種や年式、電話番号他必要な項目を入力し登録を済ませると、業者の方から電話かあるいはメールで連絡がきます。場合によりますが、5社くらいから電話がくることが普通です。

電話連絡がきたところで、大体の相場を聞いておきましょう。

そうして値段の目安がわかったら、良い値を出してくれそうな業者の候補を三つ程選び、それら以外のところはもう、電話で断ってしまえばいいです。

自分が乗っていた愛車を売却する際には、できるだけ事前にきれいに掃除してから査定に出すことが大切です。

この理由は二つあります。一個目は、査定士に「このオーナーは車を丁寧に扱う人だ」と好印象を持ってもらえるからです。

2つめは、車内にこびりついた汚れを落とすことでいやな臭いも少なくなるからです。

車内でタバコを吸っていた人やペットを乗せたことがある人は、その具合によっても異なりますが、大幅に査定金額が下がっても致し方ないと言えます。中に残っている汚れが原因で臭いが出てしまうので、車内の細かな箇所まで丁寧に掃除してあげることでほぼ嫌な臭いの感じないところまで軽くする事ができるでしょう。

車の買取査定を依頼するときは、その前に掃除くらいはしておきましょう。収納の中はなるべく物を置かないようにし、生活感をなくすことがコツです。ボディがきれいなら埃を払う水洗い程度で構わないでしょう。

洗うとしても手持ちのカーシャンプーで良いでしょう。

いつもより頑張りすぎることで失敗するというのはありがちですが、塗装に傷がついたり色ムラになることもあるので、頑張り過ぎないことが大事です。ホイール周りやルーフは汚れが残りやすいので、忘れないようにしてください。

ルームコロンは嫌う人もいるので、無香の状態を目指して換気してください。自分の車は事故歴があり、歪んだフレームを直してもらったので、つまり修理歴が有るということになります。

しかし、事故の痕跡が外からは目立たないのも確かです。

車の買取依頼にあたってそのことは正直に告げないといけないのでしょうか。

後になって減額請求などと言われても気分が悪いですし、しまいには訴えられる危険さえあります。

それらのリスクの大きさを考えると、やはり正直に修理歴を報告した方がいいと思いました。ずっと乗用していた車を買取業者に預けてから新車が納車されるまで、時間がかかってしまうこともあるでしょう。

代車を貸してくれる買取業者も増えています。

早めに話しておくと代車を準備する手はずを整えてくれることもあります。あるいは、新しい車のディーラーで代車を借りることができる場合もあるので事前に聞いておきましょう。

今回手放した車は車検期間もあまり残っておらず、